先輩社員インタビュー(旅客サービス業務)


福谷 真希 Fukuya Maki


Question:航空業界を志望したきっかけは



私は幼い頃から航空業界で働くのが夢でした。高校生、専門学生の時と2回インターンシップに参加させていただきました。笑顔を絶やさず、一人一人にあった丁寧でスピーディーな対応をより近い所で拝見し、感銘を受けました。そして様々な部署の方が協力して飛行機を安全に定刻に出発できるようチームワークを大切にしていて私もその一員として働きたいと思ったからです。



Question:入社後に感じた航空業界のギャップは



綺麗でかっこいい制服を着て華やかな仕事に見えますが、重い荷物を持ったり、お客様と一緒に走ったりと、とても体力が必要な仕事にギャップを感じました。



Question:社内の雰囲気は



年齢が近い社員も多く、業務以外の休憩時間なども先輩方も皆でお話したり、とてもアットホームな環境で、温かい雰囲気です。



Question:仕事で心掛けていることは



常に笑顔を意識することです。私の接客でひとりでも多くのお客様が笑顔になっていただき、またANAを利用したいと思っていただけるような接客を心掛けています。また欠航や遅延などイレギュラーなことが起きた時でも冷静に的確な情報をお客様にお伝えし、お客様にとって一番良い手段を提案できるよう心掛けています。



Question:これからの目標は



基礎知識をしっかりと身に付け、あらゆる業務に携わり、自分から様々な事を経験して日々スキルアップできるよう努力することです。前向きに物事に取り組み、お客様に寄り添ったサービスを提供できるよう成長していきたいと思います。



航空業界を目指す方へ



グランドスタッフの仕事は、責任感や覚える事もたくさんありますが、いろんな経験ができ、自分の自信にも繋がります。お客様の旅のお手伝いができ、飛行機や空港が好きな人にはぴったりな仕事です。



小松 恭子 komatsu kyouko


Question:航空業界を志望したきっかけは



「旅を支える仕事」に携わりたいという思いがあり、学生時代に総合旅行業務取扱管理者資格を取得しました。資格取得に向け勉学に励む中で、空の旅を支えるこの業界にに興味を持ったことがきっかけです。



Question:入社後に感じた航空業界のギャップは



旅客スタッフの仕事は、マニュアル通りに対応していけばいいという入社前の勝手なイメージがありましたが、実際はそうではありませんでした。天候事由等のイレギュラーも多く、いざという時の判断力や決断力が必要となってくところが1番のギャップです。そのため毎日学ぶことは尽きませんが、だからこそ単純ではないこの仕事に魅力を感じています。



Question:社内の雰囲気は



第一に、人の温かさを感じました。何か困ったことがあれば親身にサポートしてくださる優しい方々ばかりです。またメンター・メンティー制度が整っており、仕事をしていく中での不安や悩みを気軽に相談できる環境があります。距離の近い旅客スタッフだけでなく部署の垣根を越えて助け合う力が強い、そんな職場です。



Question:仕事で心掛けていることは



ANAを利用してくださるお客様に満足していただけるよう、自分が行動することを惜しまないことです。お客様の旅のひと時に携われることがこの仕事の醍醐味。観光目的でワクワクした様子のお客様、受験で少し不安な面持ちのお客様等、飛行機利用のニーズは様々です。常にお客様の視点に立ち、お客様の期待を越える満足感をプラスできるよう、自分ができることは惜しまず行動することを心掛けながら仕事に取り組んでいます。



Question:これからの目標は



旅客スタッフとして一人前になることが一先ずの目標です。入社し1年が経過したところですが、まだまだ半人前であると痛感させられる毎日です。特に力を入れたい業務はゲートコントロールで、安全を第一に定時運行を目指しスムーズにお客様を機内へとご案内する判断力を磨いていきたいと思っています。また、私のやりたいこととして国際線の搭乗手続きがあります。入社1年半後程で国際線の搭乗手続きの訓練が始まるので今から楽しみにしています。



航空業界を目指す方へ



私が所属する旅客サービス部門の仕事には、様々なやりがいや魅力がつまっています。一つに、安全運航•定時運航に対して同じ志を持った空港係員と共に、1便の飛行機を無事に送り出し、飛行機とお客様に手を振る瞬間は何度経験しても達成感を感じます。お客様の旅の始まりと終わりの一瞬に携わる日々は、旅好きの自分へ活力を与えてくれる仕事だと思います。



谷下 華 Tanishita hana


Question:航空業界を志望したきっかけは



今までを振り返ると、人との出会いがきっかけで自分の成長や自信に繋がっていることに気付き、「出会い」を大切にして仕事をしたいと思ったから。また、就職活動中、四国はインターンシップや企業説明会等の機会が少ないことから就活のしにくさを感じ、自分が働く側になったとき、四国の学生の就活の手助けをしたいと思うようになりました。徳島空港のインターンシップに参加した際、最後に全員で集合写真を撮ったのですが、後日メッセージ付きで自宅に送られてきたことを今でも覚えています。社員皆さんの温かさを感じ、自分の目標が実現できるのではないかと、ここで働きたいと思うようになりました。写真は、面接の際にお守りとしてカバンに入れていました。今も大切に保管しています。



Question:入社後に感じた航空業界のギャップは



遅延や天候によっては欠航してしまったりなど、イレギュラーなことが多くあります。また、定刻に飛行機を出発させるために走り回ったりなど、華やかなイメージとは少しギャップがありました。



Question:社内の雰囲気は



とても温かい雰囲気です。手続きなど何か困っていることがあればすぐに気付いてフォローしてくれたり、先輩方皆さん優しいです。



Question:仕事で心掛けていることは



ハキハキした口調で笑顔で話すことを心掛けています。接客業のアルバイトをしていた際、「接客一瞬・印象一生」という言葉を教わり、自分の座右の銘にしています。対応した係員の印象が良くないと、また利用したいとは思ってもらえないと思います。自分の接客がきっかけでお客様にまた利用したいと思ってもらえるような、そんな係員になりたいです。



Question:これからの目標は



後輩の心の居場所になりたいです。研修中は悩みなどをなかなか相談することができず、辛い思いをしていた時期がありました。親しみやすく、「この先輩がいれば仕事を頑張れる」、「楽しく仕事ができる」と思ってもらえるような先輩になりたいです。



航空業界を目指す方へ



制服を着てこの仕事をしている姿がキラキラして見え、憧れがありました。一見華やかに見えますが、便を運航している間は空港内を走り回ったりなど、少しギャップもあるかもしれません。大変なこともありますが、お客様から「ありがとう」という言葉を頂けると嬉しく、時間通りに飛行機が出発できたときには特にやりがいを感じます。ぜひ一緒に徳島空港で働きましょう!☆


     
PAGE TOP